たまには信号機について考えてみませんか

      2017/10/15

毎日何気なく運転している車ですが、安心して道路を運転できる最大の理由の一つに信号機の存在があります。

<スポンサーリンク>

 

信号機のありがたさ

以前、東日本大震災が起こった時、私は仕事で千葉県の北部にいました。道路事情など様々な理由でそこで缶詰状態となり、一晩泊まる事になりました。夕方、食材でも購入しようとコンビニに行くと、主食となる弁当やおにぎり、サンドイッチなどすべて売れきれていました。何軒か回っても同じような状態でした。

仕方なく、川を渡り隣接する茨城県に入ると、震災の影響ですべて停電となっており、どこを走っても真っ暗闇でした^^;

しばらくしてわかったのですが、茨城の方々はこの停電のため、家庭や飲食店などで食事を取るのが困難になり、車で千葉県のお店に行きすぐに食べられるものだけを沢山購入しに来ていたのですね。。。

この時茨城県の道路は、当然のことながら信号機も点灯しておらず、とても怖い思いをしながら運転した記憶があります。

 

信号機の色の配置について

『横向きの信号機は左から「赤、黃、青」ですか?それとも「青、黃、赤」ですか???』

こんなクイズを小学生に出されたら、あなたはどう答えますか?

 

答えは、左から「青、黃、赤」です!

毎日見ているのに、意外と覚えていないことに気が付きます^^;

 

これには意味がありまして、仮に信号機が道路の左側に設置されている場合、街路樹などで止まれの赤が隠れないようにするためです。また、真ん中やセンター寄りに設置されてあった場合でも、日本車は運転席が右側にあるため、前に大きな車があっても比較的右側の赤が認知されやすいからです。

これは、雪の多い場所での縦型の信号機や、歩行者用の信号機は一番上が赤色になっており、遠くからでも認知しやすい配置になっています。

 

信号機の色の意味合いについて

信号機の色の意味合いですが、勘違いされている方も多いので再確認しておきましょう。

 

 ……… 進んでも良い

 ……… 止まれ(基本的には止まれで、停止位置で安全に止まれない場合は進んでもよい)

 ……… 止まれ

黃点滅 … まわりの交通に注意して進むことができる

赤点滅 … 一時停止して進むことができる

 

尚、参考までに普通車での違反点数と違反金ですが、

 

信号無視(赤色など) ……… 違反点数は2点、違反金は9,000円

信号無視(点滅)   ……… 違反点数は2点、違反金は7,000円 

 

あくまでも、信号を守ることは事故を起こさないための最低ルールです。

お互いに改めて、信号について正しい認識をしましょう!

<スポンサーリンク>

 - 生活 ,