玉城絵美のwiki!引きこもりでオリジナルネイルまで制作!

   

玉城という名字をみると、沖縄の方なのではと思いますが、実はこの方、将来のノーベル賞候補として、かなり注目をあびていますが、もともと心臓病を患うなど、若いときには苦労しています。

今回はそんな玉城絵美さんのプロフィールを中心に、引きこもりの時に開発したポセストハンドからオリジナルネイルまでについて記事を書いてみましたので、最後までお付き合いくださいね。

<スポンサーリンク>

 

玉城絵美のwikiプロフィール

基本情報

名前   玉城 絵美(たまき えみ)
生年月日 1984年1月生まれ(33歳)
出身地  沖縄県北谷町
趣味   文鳥を飼うこと

詳しい生年月日はまだ出ていませんでしたが、やはり沖縄県の方でした。趣味の文鳥を飼うと言うことですが、その文鳥がいなくなった時に、立ち直るのに半年かかったといいますから、かなりこだわりがあるのですね。

学歴

・2002年 沖縄県立球陽高校
・2006年 琉球大学工学部情報工学科卒業
・2008年 筑波大学大学院システム情報工学研究修士課程修了
・2011年 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了

大学院も二度いかれているのですね(*_*)

一つ一つの学部に対しても、私の頭では想像が付きません。いったいどのような頭脳を持っているのか本当に計り知れませんね。まさに天才ですよね(*´ω`*)

経歴

・2010年 アメリカ・ピッツバーグのディズニー研究所でインターン
・2011年 米誌タイム「世界の発明50」に選出
・2012年 ベンチャー企業『H2L』を設立
・2013年 早稲田大学の助教授
・2015年 日経ウーマン ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞を受賞
・2015年 KickStarterにてVRゲームのキャラクターになりきってゲーム内の物体の触感を感じるためのデバイスUnlimitedHandを発表
・2016年 科学技術への顕著な貢献2016 ナイスステップな研究者に選定
・現在   早稲田大学創造理工学研究科准教授

一口に「工学研究社者」と言われても、一つ一つはとても奥が深そうです。私のような浅はかな思考では、理解できないものばかりです。
すみません、こんなところでご勘弁をww

 

玉城絵美の引きこもり

心臓病

玉城絵美さんは、高校の時に先天性の心臓病で入院していたことがあるそうです。そこでは外に出られない苦痛を人一倍味わうことになります。

そんな辛い青春期において、外にいかなくても同じような体験が出来ないのだろうと考えたそうです。もちろん、世間にはそのような体験が出来る機械なんて存在しませんからね。それならば、自分でそれを作ってしまおうと思ったそうです。

私ごとですが、私も20代においてある病気から数年間自宅療養を余儀なくされました。その時は本当に、時間を無駄にして過ごしていました^^;玉城絵美さんのような頭脳があったらと、今になって思いますが、所詮無理な話ですね(;´∀`)

ポゼストハンド

そして、生まれたのが「ポゼストハンド」です。この機械は、中にいる人と外にいる人の両方で、同じ機械を付けているだけで、外で色々なものを触ったりする感覚を、中にいる人も体験する事が出来るという、まさに優れものです!!

すみませんが、学歴がないものでよく理解できませんので、詳しい動画を用意しましたのでどうぞご覧下さい!

玉城絵美オリジナルネイル

「電車の改札や自販機、あるいは電子マネーの支払い時には磁場が発生しているという。その磁場を取得して、電気を発生させて中の回路を動かす。今はLEDで中がピカピカ光ってきれいで楽しい」と本当に心から科学を楽しんでいる様子で説明しています。

詳しくは、また動画を御覧くださいね。

「工学研究者」と聞くと何か難しくてとっつきにくいように思っていましたが、日常の生活の中であらゆるところに役立っていくものなのですね。

そして何より、玉城絵美さんって、本当におしゃれで可愛くて優しい性格だという事がよくわからせていただけました。

 

まとめ

「何かいっぱい失敗しても別の方法があるのではないのか?」と、動画の最後に語っていますが、これって全てにおいて大切な心得ですよね。

「失敗をポジティブにとらえる」

この言葉を聞けただけでも、今回は玉城絵美の記事を書かせていただいた甲斐がありました。

玉城絵美さんに感謝です、ありがとうございました。。。

<スポンサーリンク>

 - 生活