大田理裟が可愛い!筋肉も握力も必要ないの?クライマーって?

      2017/10/15

今回は東京オリンピックから正式種目に決まり、その代表候補として日夜トレーニングに励んでいる、大田 理裟さんについて取り上げてみたいと思います。

人は見かけによらないと言いますが、一見怖そうなのに声がとても可愛らしかったり、チャラチャラしているのに、とっても頭が良かったりと、人をみかけやイメージだけで判断すると痛い目に会うことがありますよね。

 

 

今回は見た目とイメージがちょっと違うという事で大田 理裟さんについて記事を書いてみましたので、最後まで読んでみてくださいね。

<スポンサーリンク>

 

大田 理裟のプロフィール

 

名前    大田 理裟(おおた りさ)
生年月日  1993年1月27日(24歳)
出身地   山口県
身長    161cm
職業    プロフリークライマー

とても清楚で可愛い顔立ちですが、今までの実績としてはW杯出場、国体2連覇などで、2015年には世界ランキング8位という実力の持ち主です。

ちなみにご家族は、ご両親と弟さんの4人家族です。

 

また、趣味が釣りということで、これまた容姿とは不釣り合いな感じもします。

 

 

フリークライマーについて

 

そもそもフリークライマーとは、ロッククライミングの中で、安全のために用具を使用するが、それに頼らずに自己の技術と体力だけで岩を登る事を言います。

また、リードクライミングとは、命綱にロープを付けて高い壁を登るクライミングのことを言います。

 

 

大田 理裟さんは、そんな中でリード(命綱)を付けて時間内で約12~15mの壁をどこまで登れるかを競うリードクライミングを得意としています。

そして通常3~4mを登るボンダリングに比べて、かなりのスタミナが求められる競技です。

 

大田 理裟の筋力や握力について

 

そんなクライミング競技は、さぞかし筋肉をたくさんつけ腕っぷしも強いイメージですが、意外とほっそりしているのがわかります。

そして、なんと握力に至っては27kgですって!!!

 

普通、20~24歳女性の平均握力は約28kgですから、それよりも下回っていることになりますので驚いてしまいますね(*_*)

 

しかし、これには秘密がありまして、「筋トレはしない」からだそうです。なぜなら、筋肉がつくと体重が重くなってしまうからだそうです。

 

では、なぜあんなに急な岩を登れるかというと、それは指の力だそうです。

実は大田 理裟さんは、この「指の力」がとても強いそうです!!!

 

 

まとめ

 

どうでしたか?

顔立ちは可愛いのに普通の人では怖くて腰砕けになってしまうような競技に取り組み、筋肉隆々で鍛え抜かれたボディかと思いきや意外と筋肉も握力もない、このアンバランスさがなんともミステリアスですね。

 

これからますます力を付けられて、東京オリンピックには是非良い成績をおさめられるように、あなたと一緒に応援して行きたいと思います。

 

大田 理裟選手、頑張れ~~!(^o^)!

<スポンサーリンク>

 - スポーツ ,