増位山太志郎の現在!家族や新曲は?ちゃんこ屋さんの評判は?

      2017/10/15

本日は数あるサイトの中から、当サイトへお越し下さりありがとうございます。

夜に、ネットサーフィンをしていたら、懐かしい名前が出てきました。その名は「増位山太志郎」さんです!

私も50代半ばを迎えますが、若い頃、テレビで大相撲を観ていた時によく耳にしていた名前です。

当時は関取の中でも抜群に歌がうまく、またお相撲さんとは思えないような端正な顔立ちに、日本中が大変注目していました。

そこで今夜は当時を振り返りながら、増位山太志郎さんの現在の家族についてや、歌手としての新曲は?また。ちゃんこ屋さんの評判などについて記事を書いてみたので、是非読んでみてくださいね!

<スポンサーリンク>

 

増位山太志郎のプロフィール

四股名  増位山太志郎(ますいやまだいしろう)
本名   澤田 昇(さわだのぼる)
生年月日 1948年9月16日(69歳)
出身   兵庫県姫路市
身長   182cm
血液型  O型

父親は先代三保ヶ関親方で、その長男として生まれたが、本人は角界入りを希望していたのにも関わらず、父親は猛反対したそうです。

やはり、勝負の世界の厳しさを人一倍経験し辛い思いをしたからこそ、子供には同じ道に進んでほしくなかったという親心ですかね^^;

 

増位山太志郎の家族

奥さんの名前は雍子(ようこ)さんで、お子さんの情報ははっきりとはわかりませんが、長男と長女のおふたりは最低限おられるようです。

また、可愛いお孫さんもテレビに出られたこともあるようですね。

 

増位山太志郎の新曲

昔から、お相撲さんは歌が上手い方が多く、テレビの歌番組によく出演したりしていました。なので、当時は人気がある力士はレコードを出していました。

そのような中、子供の頃からコーラス部に入っていたほど歌が好きだった増位山関も、1972年にデビューし、2枚めの「そんな夕子にほれました」がヒットし、その後「そんな女のひとりごと」130万枚の売上を記録するほど大ヒットしました。

父親の部屋を継ぎ、自らも部屋の親方として定年まで勤め上げ、現在も歌手として活動をされています。

そして今年は4月19日に「酒みれん」という新曲を発売しています。

といことですが、ここは私としてはとても懐かしく大好きだった「そんな夕子にほれました」という曲をみなさんとシェアしたいと思いますので、よろしければ聴いて下さい!

 

 

懐かしいですね♪そして、なんともいえない甘い歌声ですね♪♪

 

増位山太志郎のちゃんこ屋の評判

「ちゃんこ増位山」

住所    東京都墨田区千歳3-2-12

電話    03-3631-0109

最寄り駅  森下駅から徒歩3分

      両国駅から徒歩10分 

そしてなんと、2017年ミシュランガイドに掲載されていました!!

店は、旧三保ヶ関部屋の稽古場を改装したお店で、実際に当時の力士たちが食べていた、醤油ベースの鶏つくねちゃんこのアレンジだそうです。かなりの評判のようですね。。。

機会を作って是非いってみたいと思います!!

 

まとめ

増位山さん、もうすぐ70歳になられるのに、本当に若々しいですね。

現役時代から、本業の相撲と共に歌にも力を入れてきた増位山さん。

その苦労の甲斐があり、定年後も大好きな歌に加えてちゃんこ屋さんとしても成功をおさめています。

私も増位山さんの生き方を見習って、本業意外に老後が夢を持って楽しく生活できるよう、今からしっかり準備をしていきたいと思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

 - 芸能 ,