懐かしい曲だらけ!こんなラジオ番組あったんですね

      2017/08/11

私は一週間のうちの5日間、午前中はトラックにて都内の得意先に商品を運んでいます。

いつものように車に乗り込みエンジンを掛け、しばらく乗車しているといつもと違う違和感をおぼえました。よくよく観察すると、いつも聞いているラジオ放送局と違う周波数がそこにはセットされていました。

<スポンサーリンク>

 

 ある日突然の出会い

そして次から次へと懐かしい曲が、車のスピーカーから流れて来ました。

 

南さおり、太田裕美、松田聖子に吉田拓郎

それから南佳孝さらにはバンバンの「いちご白書をもう一度」なんていう、私の青春時代に流行っていた名曲がエンドレスで流れてくるではありませんか♬~

 

79.1MHzって初めて知ったけど…

そして今一度、カーナビの液晶に目をやると、79.1MHzという見たこともない周波数が表示されているではありませんか?

 

一体この放送局はどこなのだろうか?さっそく車を止めてスマホで検索してみました。

すると、それは「かわさきFM」というコミュニティ放送局だということがわかりました!

 

この放送局についての概要ですが、

①所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町 

     ※近年、タワーマンションが数多く建てられ、土地の価格が急速に高騰した場所

②開局:コミュニティ放送局としては、平性年8年に神奈川県で6番目、全国では34番目に開局

    した民間放送局

③会社設立:川崎市の呼びかけで(川崎市が55%出資)、市と民間法人が合同で作った株式会社

④放送内容:市民の暮らしに役立つ生活情報をはじめ、川崎の市政情報、歴史、文化、イベント、

      スポーツなど、身近で耳よりな情報と音楽を24時間放送 ※大震災時には、

      川崎市の危機管理室から直接、緊急割り込み放送が行われる

 

1960年代~2000年代の邦楽、洋楽を流しっぱなし

さらに調べていくうちにわかったことですが、

ここでは1960年代~2000年代の邦楽や洋楽を流しっぱなしです。

 

それも、なんと…

AM0:00~7:56までずっとです。(00分には時報が入り、「引き続き音楽をお楽しみ下さい」とアナウンスが入ります)

これは MUSIC  SELECTION という番組です。

 

しかし、本来このコミュニティFM放送局は、地域に密着した放送を行うという趣旨から、そのサービスエリアはごく限られた地域のみで、送信出力は20Wが上限なので、川崎市全域をほぼカバーする程度となっています。

 

ですが、

このリスラジをダウンロードすれば、全国どこからでも聞くことが出来ます。

 

あなたも是非、かわさきFM MUSIC  SELECTION を聞いてみて下さい。

 

きっと若かりし日の気持ちを思い起こし、幸せなひと時を味わえると思いますよ♪♪♪

<スポンサーリンク>

 - 生活 ,