2017年「山の日」について考えてみよう

      2017/10/15

今年の山の日は8月11日の金曜日ですが、まだ馴染みのないこの祝日について少し考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

「山の日」の祝日について

山の日は2014年(平成26年)に制定され、2016年(平成28年)1月1日に施行され、同年8月11日より国民の祝日になりました。

ということは、今年でまだ2回目となるのですね。

「山の日」といえば、「海の日」で、こちらは1996年(平成8年)より始まっているので、今年で21年目となるところからすっかり国民の間に定着してきましたね。ましてや、ハッピーマンデーで7月の第三月曜日に設定されているため、今年は学生さんなどにとっても、夏休み前の連休ということでテンションも上がりますよね。

「山の日」は現在のところは日にちで設定されていますが、「海の日」に合わせて近い将来ハッピーマンデー法が適用されるかもしれません。

 

「山の日」に関する考え方やイベント情報

環境省では、『日本は国土の7割近くを山林がしめる山の国です。…(中略)…「山の日」をきっかけに、山に親しむ機会を得るとともに、山との深いかかわりについてかんがえてみませんか?』とあり、積極的に山に出かけることを推奨しています。

 

そして、2017年の各地のイベントですが、

・茨城県つくば市 … 『2017 納涼「山の日」』(8月11日)

・栃木県那須市 … 第2回 山の日 記念全国大会in那須2017(8月11日)

・神奈川県の丹沢 … 「山モリ!フェス」(8月11日~12日の2日間)

・東京都の高尾山 … やまフェス(8月11日~13日)

などなど、「山の日」を中心に様々な企画が目白押しです。。。

 

「山の恩恵に感謝する」とは?

「山の日は」は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨ですが、そもそも「山の恩恵」とは一体何なのでしょうか?

近年、大雨による山の土砂崩れや冬山のなだれによる被害などが多く発生しています。また、桜島や御嶽山の噴火など、山は魅力的ではある反面、非常に恐ろし場所でもあります。

日本の国土で山の数は約18,000くらいだといわれています。また日本一高い山はご承知の通り富士山で3776m。一番低い山は宮城県仙台市宮城野区にある日和山で、東日本大震災の際、津波で削られ3メートルの日本一低い山になってしまいました。

この山の中で火山の数はというと、111だそうです。この数字は世界の火山の割合の7%にあたります。

やはり、日本は世界有数の火山国のようです。

ですが、この火山の恩恵からなるのが温泉なんですよね。

 

シニヤから若い人たちまで、山登りが好きな方々も多いでしょうが、山の最大の恩恵からなる温泉に入りに行くのも、「山の日」を改めて考えるのにはとても良いことだと思います。

<スポンサーリンク>

 - 生活 ,