最近の若い人達は車離れが多い

      2017/10/15

私は仕事柄、一日のうち車を運転している時間が多くをしめています。軽トラックから4トントラック、時にはマイクロバスや40人乗りの大型バスも運転します。

車を運転しない日はほとんどなく、電車や路線バスなどを利用するのは一年のうちでも1日か2日くらいしかありません。

<スポンサーリンク>

 

 スーパーカーにトラック野郎で育った世代

こんな私も20代の頃はほとんど車の運転をしていませんでした^^;

 

その理由としては…

①首都圏に住み、駅から徒歩5分ほどの場所に自宅があった為、個人的には必要性を感じなかった

②若いうちは給料も安く、車を購入してもその維持が大変だから(車のローンや保険代、駐車場代や燃料代など)

 

しかし、私達の世代は「早く免許を取って自分の車を運転したい」と誰しもが思っていたので、友達が車を購入したと聞けばその車でドライブに行ったり、何かと理由をつけては車で出掛けていました。

 

振り返って見れば、1970年代~1980年代には小学生の憧れだったランボルギーニ・カウンタックなどのスーパーカー。車体を電飾で飾りペイントを施して走る、菅原文太演じる「トラック野郎」に憧れた私達世代は、まさに車ととも歩んできた人生なんですよね。

 

運転免許は必要ない?

私が勤める会社は、軽ワゴンやワンボックスそしてトラックを使って得意先に商品を配送します。そのセンターでは100台以上の車を保有し、年中無休で早朝から深夜まで稼働して利益を得ています。

 

そんな事業内容で勤める、内勤で20代の女子社員二人と私との会話の内容ですが…

 

私 「毎日事務仕事で息が詰まるでしょう?車で外回りの仕事にでも回して貰ったらどうなの?」

女子社員 A「わたし免許持っていないから無理です」

私 「免許持っていないって、必要ないの?」

女子社員 A「東京に住んでるから免許なんて必要ないし…」

私 「免許いらないって………」

女子社員 B「私も免許なんて取りたくなかったけど、親がとれとれってうるさく言うから仕方なく取りました」

私 「免許なんて取りたくなかった?………」

 

若い人達の車離れは加速していくのか?

私はこの20年で月極の駐車場を5回変わっています。

変更した理由の内訳に、マンションを建設するからが3回で、コインパーキングに運用を変更するためが1回というところ。

つまり自宅周辺を見渡しても、マンション建設は物凄いスピードで進んでいるものの、月極の駐車場が増えているという感じが全く見受けられません。

結論から考えれば、住む人が増えても車を所有するという人は増えていない、ということでしょうか。

 

現在、自動車メーカーは若者の興味を引くような様々な戦略を考えているようですが、当の若者達は柳に風なのかもしれません。

 

しかし、若者の車離れが急速に進んでいるといっても、「本当に車を必要としないのか?」と言えばそんなことは決してなく、自由で便利な新しい移動手段 の「カーシェアリング」や激安レンタカーの利用など、今後益々需要が増えて行くと思います。

 

ましてや、ネットショッピングなどの利用拡大に伴い、若者は今後一層間接的に、車という交通手段に依存していくのではないのでしょうか。。。

<スポンサーリンク>

 - 生活 ,