梶原颯の筋肉が凄い!100mや特技も凄すぎる!!顔は優しいのに?

      2017/10/15

「最強スポーツ男子頂上決戦」をご覧になられた方々は、その柔和な顔つきと正反対に、全身筋肉のように鍛え抜かれた身体のギャップに、梶原 楓(かじはら はやて)って、いったい何者なんだろうか」と誰しも関心を持たれたのではないでしょうか。

そんなあなたに、今回は梶原 楓さんの筋肉や腹筋の凄さや、俳優とは思えないような100m走においての記録や、変わった特技などについて書いていきたいと思います。

と、文章で説明するより、まずは実際の梶原 楓さんの動画をご覧下さい(^^)/

と、と、とにかく(笑)凄いですよね・・・

<スポンサーリンク>

 

梶原 颯のプロフィール

本名     梶原 颯(かじはら はやて)
生年月日   1994年6月4日
出身地    兵庫県
血液型    A型
身長     178cm
体重     62kg
  

梶原 颯の特技について

トリッキング、パルクール、空手(黒帯)、

柔道(初段)、100m(10秒98)、殺陣、

ブレイクダンス

 

って、何度も言いますが、凄すぎますね。。。

 

トリッキングとパルクール

冒頭の動画の風景ですが、あれがどうやらトリッキングと言われるものらしいですね。

バク転(バク宙)やアクロバット的な動きで、体操やブレイクダンス、武術の動きを組み合わせた新しいスポーツだそうです。

って、始めて知りましたが…(汗

一方のパルクールとは「早く移動するために壁や溝を飛び越えたり、よじ登ったりする」のがパルクールだそうです。

私はよくわからなかったので、今回は動画を用意しましたのでしばらくご覧下さい・・・

 

 

2020年の東京オリンピック種目になるかもしれないなんて、知っていましたか?私は始めて知りました(汗

こんな注目されているスポーツに、梶原 颯さんは常日頃から取り組んでいたなんて、またしても驚きです!

 

100m走の記録

次に、100mのタイムですが、なんと9秒98です!

先日、桐生選手が10秒を切りましたが、10秒台で走れるなんてもはやアスリートですよね。。。

本当に、ただの役者なのでしょうか?!

決して、只者ではありませんよね。

殺陣(たて)

殺陣(たて)とは、さつじんともいい、歌舞伎や闘争演技の定型をいいます。

演技として刀などを扱い、武術や武道のように立ち振舞をすることを言います。どうりで、身のこなしが鮮やかでしたよね。

筋肉や腹筋について

子供の頃からすでに腹筋が8個に割れていたそうです!!

スポーツが好きで、とりわけ走ることが好きで、中学高校とサッカー部に所属していたそうです。大学でもスポーツ系の学部がある大学に入り、器械体操部に入って本格的に身体を作り上げてきたそうです。

特に、ジャッキー・チェンが好きで、中学の頃からアクションをやろうと夢見ていたそうです。

まったくもって、恐れ入りましたm(_ _)m

 

まとめ

子供の頃から、身体を鍛え腹筋を鍛え?ジャッキー・チェンにあこがれていた梶原 颯さんは、現在はソニー・ミュージックエンタテインメント主宰の演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」に所属し、舞台を中心に活動をしています。

また、そのまれに見る身体能力の高さから、最強スポーツ男子頂上決戦にも参戦し、更に活動の幅を広げて頑張られています。

今回、記事を書かせていただいて、すっかり梶原 颯さんのファンになってしまいました^^;

そんな若手俳優の梶原 颯さんに、将来を期待してエールを贈りたいと思います。

梶原 颯さん、頑張れ~\(^o^)/

応援していますよ~~!(^o^)!

<スポンサーリンク>

 

 - 芸能 ,