銀粉蝶は若い頃からスポーツ好き!名前の由来や読み方や本名は?

      2017/10/15

本日は数あるブログの中から当ブログにお越しいただいてありがとうございます。

テレビ番組をみていると、「銀粉蝶」て名前よく出てきて気になることがありますよね。

よくサッカーが好きで、とりわけアーセナル愛が強いとの事でも話題になったりしています。

今回はそんな銀粉蝶さんは若い頃からスポーツ好きだったのか?また、「銀粉蝶」という少し変わった芸名の由来や読み方、本名などについて記事を書いていきたいと思いますので、最後までお付き合い下さいね!

<スポンサーリンク>

 

銀粉蝶の若い頃とスポーツ

父親の影響

元々父親がかなり野球好きだった事が原因となっています。生まれたときから、毎日配達されるスポーツ新聞を子供の頃から普通に読んで育ったそうです。なので、いつの間にかスポーツの話題に興味を覚えるのは自然な流れですよね。

ちなみに私ごとですが、中学生の頃、父親が会社帰りの通勤で読んでいたスポーツ新聞を夜に持って帰って来るので、それを読むのが楽しみでした。その結果、プロレス好きになりました^^;

 

銀粉蝶のスポーツ歴

本人自身のスポーツ歴は、中学まではバレーボールと陸上をしていたということくらいしかわかリませんでした。

これについて詳しい情報を持たれている方があれば、是非教えていただきたいと思います。

 

旦那「生田 萬」(劇作家)の影響

サッカーに興味を持ち始めたのはまだ最近だそうで、始めは世間の流行に合わせて観ていたのですが、そのうち個人的に凄い選手に目がいったそうです。それはあたかも、凄い役者がひとりで舞台に立っているような興奮を覚え、どんどんのめり込んでいったようです。

それにもまして、旦那さんの生田 萬(いくたよろず)さんも大のスポーツ好きで、スカパーに加入していたせいもあり、ヨーロッパのサッカーを見るようになってからは、その面白さにブレーキがかからなくなっていったようですね。

 

銀粉蝶の名前の由来と読み方

銀粉蝶さんは、1952年5月13日生まれです。また、栃木県塩谷郡の出身で、青山学院女子短期大学の在学中、劇団「摩可魔可」でヒロイン役でデビューしました。

まだ若かった頃、主人公を演じた女性が、金鳥の蚊取り線香を身体にまきつける役を演じました。そして、その妹役を演じたことから、「銀粉蝶(ぎんぷんちょう)」と呼ばれるようになったそうです。

よく「銀 粉蝶(ぎん ぷんちょう)」と区切って呼ばれる事もあるそうですが、「銀粉蝶(ぎんぷんちょう)」とそのまま一気に呼ぶそうです。

また、まわりからは「銀さん」とか「銀ちゃん」と言った愛称で呼ばれっることも多いそうですね。

 

銀粉蝶の本名

本名は「吉田 輝子」(よしだ てるこ)さんという、普通のお名前でした。

芸名も韓国の方かな?と思わせる名前でしたし、旦那さんも本名ではないと思われますが、少し変わったお名前でしたので、なんだかホッとしました(笑

 

まとめ

銀粉蝶さんは、若い時から舞台を中心に映画やドラマなど沢山の作品に出演され、今や国内ではなくてはならない存在です。

脇役から主役に至るまで、実に幅広い役柄をこなされ活躍されている銀粉蝶さんですが、現在も新しいドラマ出演のため、連日忙しい日々を過ごしています。

芸名に隠された秘密や、見かけだけでは決してわからなかったサッカー好きなところなどを理解しながら、今後の銀粉蝶さんを観ていくと意外と面白いかもしれませんね。そしてその活躍を是非、期待したいと思います!!

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

<スポンサーリンク>

 - 芸能 ,