ブルゾンちえみが走る理由は親孝行のため!?

      2017/10/15

24時間テレビのマラソンランナーは、ブルゾンちえみさんに決定しましたね!!!

番組開始から2時間15分経過した午後8時45分に番組内で放送されました。

ようやく決まったマラソンランナーですが、なぜブルゾンちえみなのか?色々憶測が飛んていますよね・・・

そこで今回はブルゾンちえみさんに決まった理由やなぜ24時間テレビで走るのか?について考えていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 

坂本トレーナーの思いとマラソンランナーの条件

今年で最後となる可能性もあるランナーの伴走に、「今までやったことのないことに挑戦したい」との坂本トレーナーの強い思いから当日発表となったマラソンランナー。当然、伝えられてすぐに走れるものではありませんから、「24時間走れるだけの体力、精神力、体力のある人にしよう」と思い、候補者たちの練習を細かくチェックしギリギリまで見て決定したそうです。

以前からランナーに選ばれる人の条件として…

  • 「当日武道館にいる人」
  • 「走る理由がある人」

更にその後のヒントとしては、、、

  • 正午の「メレンゲの気持ち」では「負けず嫌いな人」とコメント
  • 直前生放送では、「今年しあわせなことがあった人」「一番走りたい人」

と発表まで、徐々に候補者が鮮明になってきました。

 

「走る理由がある人」にブルゾンちえみが選ばれた訳

「何かを諦めようとしている人に、もう少しだけ頑張ってほしいと伝えたい」というのがブルゾンちえみさんが「走る為の理由」でした。

 今年は第40回の記念放送で、様々な困難に立ち向かいこれまでの枠を超える新しい可能性にチャレンジする24時間テレビにしたいとの考えが基本的にあります。

ブルゾンちえみさんは今年の正月いきなり「35億のネタ」でブレークしましたが、元々父親の影響で大学に進学し教師になる夢がありましたが、その後3年で中退し歌手を目指したり芸人を目指したりと色々葛藤があったようです。今年ブレークしなければ、岡山に帰って教師の道を目指そうかとも考えていたようで、ほんの数ヶ月頑張っただけで全く人生が変わってしまった体験をみんなに伝えたい、「もう少しだけ頑張ればと諦めている人に伝えたいそうです。

 

どうしても走りたかった理由

「ポテンシャルが高い。例年よりは練習の回数は少ないんですけど、回数の問題を気にすることがないくらい優秀。(メンタル面は)めっちゃ強い。半端ないと思います」

と、坂本トレーナーも太鼓判を押しています。候補者の中でも一番練習していて、3回目の練習ですでに30キロを走ったそうで、これは間寛平以来だと言われました。ブルゾンちえみさんは、高校時代陸上部に所属し長距離選手でもありました。当然、得意な分野でもあるし、少しは自信があったものと思われますが、もう少し掘り下げて考えてみました。

 

それは、、、

今年たまたまブレークはしましたが、この世界では一発屋と言われる方々が過去には大勢いました。

なので、この24時間テレビのマラソンランナーという絶好のチャンスを、是が非でもものにしたいと思ったのではないでしょうか?

 

まとめ

本来、両親の影響から国立大学に入り一旦は教師の道を選びましたが、何らかの理由で大学を中退し地元に帰って演劇の道へ、そして歌手へ、そして芸人の道へと度々進路を変更して今日に至りました。

そんな娘さんを、父親は陰ながら応援し東京のライブにも駆けつけていたそうです。

ブルゾンさんからしたら、今まで親御さんに色々心配をかけてきた分、この一世一代のチャンスを絶対につかみたかったのではないのでしょうか?そしてさらなる飛躍をして親御さんに安心して貰おうと思ったのではないでしょうか?

 

そんな親孝行のブルゾンちえみさん!頑張って完走してくださいね!!

心から応援していますから。。。

<スポンサーリンク>

 - 芸能 ,